季刊誌サイクル cycle no.38 | HULAMINGOS -フラミンゴス

2018/08/04 19:45

フジロックをTVで見れた。

こんなことになるとは思いもしませんでした。
その昔チャンネルの取っ手が外れてペンチでツマミを掴んでチャンネルを変えたことが本当のことなのか
フジロックがTVで観れることのギミックがどっちがリアルなのかわからなくなってくる
記憶のギャップがあまりにもかけ離れてる。
もっとすごいのが電話。昭和の時代の生まれですので
イエデン(家の電話ね)はだいたいの家庭では黒電話のダイヤルかハイソな家庭はアナログなプッシュホン

車は空中を飛んでないのにコンピューターが電話になってしまってる。電話がコンピューターに乗っ取られた。
鉄腕アトムが窓を割って電話を借りに来るシーンが昔のアニメで見ました。ブレードランナーでも携帯電話の概念がなかったかも。
ナメクジが進化する火の鳥のお話も思い出します(読んでください)

ハイテックな世界のローテックな情報紙 季刊誌サイクルcycleというフリーペーパー
編集長にはお世話になりながらも不義理なことをしてるような気がしてます。ごめんなさい。
私がこのフリーペーパーを良い思ったのはもう何年前かな創刊号くらいかな



誌名のロゴデザインがかっこいい
お洒落です
ロゴカラーのブルーが透けて紙の色目と混ざるような質感にキュンときたのを憶えてます。
今は当時より広告が増えたのでちょっと雰囲気は多少変わったかもしれませんが気になりません。
このままでこの雰囲気でいて欲しいです。
特に1面の記事が面白い。自転車好きでなくとも薀蓄を蓄えられます
サイクリングコースの紹介もあります。
サイクリングでいけるとこは僕らの足でも行けます。
もちろんサイクリングでも行けます。



もう38号なんですね。嬉しいです。末長く続いて欲しいです。
8月6日月曜日からMOUNTAIN HIGHのTシャツの再発売します。



季刊誌サイクルcycleをもし希望する方がいらっしゃれば先着順で同梱させていただきます。
希望する方がいらっしゃらなかったら強引に同梱させてもらいます 笑